商品カテゴリー


お茶に適した水、それぞれのお茶にあった温度でお茶を入れることが、美味しくお茶を飲む秘訣です。
お茶を入れるのに適した水は微酸性の「軟水」です。日本の水はほば微酸性ですので、水道水を使用しても問題ありませんが、水道水には塩素が含まれていますので、必ず沸騰させてから使用しましょう。市販のミネラルウォーターの種類にも「軟水」ではなく「硬水」を使用したものがありますので、できればボトル表記を確認し「軟水」であるものを使用することをお勧めします。


お茶を入れる際には、そのお茶の種類により適度な温度があります。最適な温度で入れることにより、そのお茶の特徴や成分を活かすことができます。




少し冷ました80度位のお湯を注ぎます。40秒ほどで深蒸し煎茶のおいしさが抽出されます。




このページのTOPへ
0
0