商品カテゴリー



①茶畑
 毎年、4月中・下旬から5月頃お茶の摘採がはじまります。
 茶の葉は、手摘、摘採機などで摘み取られ荒茶工場へ運ばれます。
②生産管理装置
 摘採されたお茶の葉を鮮度を保ちながら一時的に貯めておきます。
③給葉機
 集められた茶の葉を自動的に蒸機へおくります。
④蒸機
 まず、茶の葉を蒸気でむします。
⑤冷却機
 むされた茶の葉の表面の水分を取り除きながら冷やします。
⑥粗揉機
 強い力で揉みながら熱風で乾かします。
⑦揉捻機
 茶の葉に力を加えて水分の均一をはかりながら揉みます。
⑧中揉機
 茶の葉をふたたび揉みながら熱風で乾かします。
⑨精揉機
 茶の葉に熱と力を加え、形を整えながら乾かします。
⑩乾燥機
 揉みあげた茶を十分に乾かします。
⑪荒茶合組機
 乾燥された茶を均一に混ぜ合わせます。

 ※ここまでが荒茶製造工程となり、この茶は 荒茶 と呼ばれています。


⑫総合仕上機
 荒茶は、形が大小さまざまな状態で混じり合っているので、「ふるい分け」「切断」
 して、形を整えきれいにします。
⑬仕上茶乾燥機(火入機)
 茶を、さらによく乾燥させると同時に、独特のお茶の香りや味をひきだします。
⑭選別機
 木茎や細い茎を取り除きます。
⑮合組機
 製品の調整・配合と均一化をはかります。
⑯包装
 合組機からとりだされたお茶は計量され茶箱や袋に詰められます。
⑰輸送
 産地の問屋などから全国各地の茶店にトラックや鉄道便で輸送されます。
⑱茶店
 お茶は、袋や缶に詰められて販売されます。

 ※ここまでが仕上茶製造工程となり、この茶は 仕上茶 と呼ばれています。


このページのTOPへ
0
0